学部・学科
法学部 法学科の特⻑

令和2年
司法試験合格者
(本学卒業生2020年度実績)

4

公務員採用試験
合格者数
(2020年度)

58

現代社会を生き抜くための法知識と法的思考力を身に付ける。

法学部は法曹・公務員・民間企業という3つの幅広いキャリアに対応した3コース・14モデルを用意しています。それぞれのめざす進路で活躍するための法律知識を修得するとともに、司法試験や公務員試験の対策も行っており、毎年難関大学の法科大学院や公務員合格者を多数輩出しています。

法学部のポイント POINT

  1. POINT.1

    自分らしく生きるために
    「人生の幹」となる
    法的思考力を修得

    法学の学修を通じて社会貢献と自己実現の観点から、自分自身を深く思考し、幅広いキャリアの選択につなげます。資格試験合格や就職が目的ではなく、生涯にわたり活躍するための素養を身につけます。

  2. POINT.2

    法曹、公務員、企業へと
    人材を輩出し続ける
    50年の実績

    歴史ある法学部として多くの卒業生を輩出。伝統と実績を基盤に、法曹・公務員・企業など幅広い進路に対応できる体系的で専門性の高い教育課程を編成しています。

  3. POINT.3

    特別演習とSコースとの連携で
    「法曹」「公務員」の合格を実現

    法科大学院進学、司法書士・行政書士、公務員など、難関試験の合格が必須の職業については、専門学修の特別演習と「Sコース(特修講座)」を連携した独自のハイレベルな指導で合格へと導きます。

  4. POINT.4

    法学を軸に経営・経済も学修でき、
    ビジネスや公務に直結

    法学部に在籍しながら経営学・経済学関連科目が履修できる独自の「経法相互乗り入れ制度」を実施。
    めざす業界に合わせた学修によりビジネスや公務における実践力を高めることで、幅広いキャリア選択が可能となります。

  5. POINT.5

    法務・法律関連資格の
    取得をバックアップ

    正課授業に加えて、Sコースでの対策講座や課外資格講座を開講することで、難解な法律系の資格取得を強力に支援。将来の可能性を広げます。

法学部のコース COURSE

法曹・法律専門職コース

判例を基に高度な法知識を修得し、
社会を生き抜く術を手に入れる。

プロフェッショナルに求められる高度な法知識、課題に対応できる幅広い視野と教養、リーガルマインドを身につけます。各種試験に合格する実力養成を徹底サポート。質の高い法科大学院に毎年多数の合格者を輩出しています。

将来の進路

法科大学院・司法試験モデル
  • 弁護士
  • 裁判官
  • 検察官
準法曹(専門資格)モデル
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 税理士
  • 社会保険労務士 など
専門職公務員モデル
  • 裁判所事務官
  • 検察事務官
  • 国税専門官
法学研究科(大学院)進学モデル
  • 研究者
  • 公務員
  • 一般企業

公務員コース

使命感を持って政策を生み出し、
国や地方の課題に立ち向かう公務員をめざす。

行政職と公安職の進路に対応。高い就職率を支えているのは、めざす職種に対応した体系的なカリキュラムがあるから。法律知識や特別演習により社会利益を追求する力を身につけ、よりよい社会の実現のため、公務員として求められる人材をめざします。

将来の進路

一般行政職モデル
  • 官公庁の国家公務員
  • 地方公務員
警察官モデル
  • 警察官
  • 刑務官
  • 海上保安官
  • 入国警備官 など
国際公共モデル
  • 国際機関職員
  • 地方公務員(多文化共生担当等)
  • 国家公務員(入国管理局等)
教職モデル
  • 中学校(社会)教員・高等学校(地理歴史・公⺠)教員

企業キャリアコース

法律の知識で企業活動を支え、
幅広いビジネスの現場で活躍する。

ビジネスに関する法律知識を幅広く修得できるカリキュラムです。情報化・グローバル化の中で「企業の社会的責任(CSR)」の重要性が高まる近年、企業法務を中心に、法学の視点から企業活動を支える能力を修得します。

将来の進路

企業法務モデル
  • 企業の総合職
  • 企業の知的財産部門
  • 企業のリスク管理部門
企業渉外モデル
  • 企業の海外部門
  • 外資系企業
  • 商社・貿易会社
  • 観光・旅行業
金融モデル
  • 銀行
  • 証券会社
  • 保険会社
人材マネジメントモデル
  • ⺠間企業への就職
  • 企業の人事部門
  • 社会保険労務士
スポーツ・ビジネスモデル
  • スポーツ・健康関連企業
  • スポーツ指導者

めざせる資格 LICENSE

  • 法学検定ベーシック〈基礎〉コース
  • 法学検定スタンダード〈中級〉コース
  • ビジネス実務法務検定®2級・3級
  • 宅地建物取引士
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定
    3級
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種免許状(公⺠)

主な就職先 CAREER

法曹・法律専門職コース

  • 大阪大学法科大学院
  • 神⼾大学法科大学院
  • 慶應義塾大学法科大学院
  • 早稲田大学法科大学院
  • 中央大学法科大学院
  • 明治大学法科大学院
  • 同志社大学法科大学院
  • 立命館大学法科大学院
  • 関⻄学院大学法科大学院 ほか

※2017〜2019年度実績

公務員コース

  • 国家一般職(厚生労働省)
  • 国税専門官
  • 大阪府庁
  • 熊本県庁
  • 寝屋川市役所
  • 八尾市役所
  • 東大阪市役所
  • 生駒市役所
  • 八幡市役所
  • 明石市役所
  • 大阪府警察本部
  • 兵庫県警察本部
  • 京都府警察本部
  • 和歌⼭県警察本部
  • 滋賀県警察本部
  • 香川県警察本部
  • 高知県警察本部
  • 岡⼭県警察本部

※2017〜2019年度実績

企業キャリアコース

  • 日本生命保険(相)
  • (株)シマノ
  • (株)ダイキンアプライドシステムズ
  • (株)ダスキン
  • (株)産業経済新聞社
  • (株)TBSスパークル
  • 西日本旅客鉄道(株)
  • 大和ハウス工業(株)
  • 三菱UFJ不動産販売(株)
  • 大東建託(株)
  • ANA関西空港(株)
  • 岡三証券(株)
  • (株)オズマピーアール
  • タペストリー・ジャパン(同)(COACH)
  • シチズンリテイルプラニング(株)
  • ブリヂストンタイヤサービス西日本(株)
  • (株)アーバンリサーチ ほか

※2017〜2019年度実績

法学部の学生紹介 INTERVIEW

法学部

弁護士資格を持つ先生方に
教えていただき、成長を実感。

法曹・法律専門職コース
法学部

裁判官という夢に向けて、
法的知識を明快に伝える力を
鍛えたい。

法曹・法律専門職コース
法学部

努力すれば、夢はかなう。
地方公務員試験と
国税専門官に合格。

公務員コース
法学部

日本の自主防災力を高め、
「災害に強い街づくり」に
貢献したい。

公務員コース
法学部

進路を決めたのは、ゼミの学び。
個人情報管理の使命を
果たしたい。

企業キャリアコース
法学部

第一志望の企業に
評価されたのは、
先生方の
親身な指導があったから。

企業キャリアコース

教員紹介 TEACHER

わたしたちが教える法学。

奈良県警OB

県警での実務経験を活かし、
公務員に必要な資質を醸成する。

⺠法

資金調達上の課題を明確にし、
解決策を導き出す。

学部長メッセージ MESSAGE

“正義と公平”を主眼に、
問題解決を図れる人材へ。

法学部⻑大島 一悟

オープンキャンパス情報はこちら

KEIHOをもっと知る LEARN MORE

法学部

弁護士資格を持つ先生方に
教えていただき、成長を実感。

法曹特別演習では、実際に司法試験や法科大学院入試で出題される事例問題を題材に法律答案を作成し、その法的思考能力を獲得できます。演習で得た法的思考力や法律答案作成能力は、法科大学院の試験で非常に役立ちました。さらに今後、司法試験合格に向けても重要な能力だと考えています。また、Sコースの法職講座は、正課授業で掴んだ大枠を試験用に整理・凝縮して定着させられる効率的な講座でした。教えてくださるのは、司法試験を突破した弁護士資格を持つ先生方。独自のテクニックを惜しみなく提供していただき、事実評価をうまく取り入れたメリハリのある答案が作成できるようになりました。

法曹・法律専門職コース

法学部

裁判官という夢に向けて、法的知識を
明快に伝える力を鍛えたい。

法曹特別演習では、毎週、事例問題の答案作成に取り組むため、論文力を飛躍的に高めることができました。中でも効果的だったのが、書いてきた答案を全員で批評・議論し合う点。自分では気付かなかった論点の穴を指摘してもらえるので、書く度に力がついていく実感がありましたし、深い法的議論を通して論理的思考力も身に付けられたと思います。また、Sコースの法職講座は法科大学院試験に必要な学修が凝縮されているため、正課授業と連動させながら学力を底上げするのにとても役立ちました。将来は裁判官を目指しているので、法科大学院で専門知識に磨きをかけつつ、よりわかりやすく伝える力も鍛えていきたいです。

法曹・法律専門職コース

法学部

努力すれば、夢はかなう。
地方公務員試験と国税専門官に合格。

行政職に興味があり、地方公務員試験を視野に学修を進めてきました。すべての授業が役立ちましたが、やはり一番は「Sコース」です。正課授業の「行政救済法」や「行政法総論」も、Sコースで学ぶことによって理解がさらに深まり、本番の試験に役立つレベルまで高めることができました。また、複数の先生方が個別指導してくださり、どんな質問にも答えてくださったおかげで苦手分野を確実に克服でき、感謝しています。国税専門官の採用試験にも合格でき、努力は決して裏切らないことを実感した貴重な4年間でした。卒業後は、地域の課題を解決し、活性化を主導できる公務員をめざします。

公務員コース

法学部

日本の自主防災力を高め、
「災害に強い街づくり」に貢献したい。

被災地のボランティアに従事する父に影響を受け「、自分も何か力になりたい」という思いから消防官をめざし、公務員特別演習やSコースといった公務員試験に向け整った環境に魅力を感じ、進学を決意。公務員特別演習では元公安職の先生から、面接の実践的な練習から公務員に必要な資質や倫理観まで、幅広く指導していただきました。特に面接練習は、答えられない質問がなくなるほど徹底的に鍛えていただきました。入学当初から受講したSコースは、同じ目標を持つ仲間が刺激し合う良い環境。また、隊長を務めた学生消防隊「SAFETY」では、八尾市消防本部の現役消防官の意識に触れ貴重な経験を得ることができました。入職後は消防という立場から「災害に強い街づくり」に貢献したいと思います。

公務員コース

法学部

進路を決めたのは、ゼミの学び。
個人情報管理の使命を果たしたい。

ゼミの先生とともに個人情報に関する学会の講演を聴講し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)を知りました。その事業が、プライバシーマーク制度の運営など個人情報に関する管理体制の構築・運用の支援だとわかり、「働くならここだ」と直感。ゼミで人種・信条・社会的身分・病歴・犯罪の経歴など本人への不当な差別や偏見、その他の不利益が生じないよう配慮を要する「要配慮個人情報」について深く学修した経験が活かせると考えたからです。実際にJIPDECの面接でも、学修内容を高く評価していただきました。データ化が進む現代社会において不可欠な仕事に挑戦心と向上心を持って取り組みます。

企業キャリアコース

法学部

第一志望の企業に評価されたのは、
先生方の親身な指導があったから。

「コロナ禍でも需要が落ちないものは何か」と考え、食品業界に絞り込みました。中でも内定先は、冷凍食品に代表される加工食品事業とともに日本最大の低温物流ネットワークを有することでも有名な企業。インターンシップを通じて自由で風通しの良い社風に触れたことも志望動機になりました。学修面においては、法律の奥深さや難しさを味わいながら取り組むうちに、あらゆる仕事に役立つ法律の知識を養えたと感じています。先生がマンツーマンの面接練習もしてくださったことも忘れられません。具体的で親身なアドバイスのおかげで内定を得ることができました。将来は、国際社会を舞台に、世界の食を支えたいと思います。

企業キャリアコース