学部・学科
国際学部 国際学科の特⻑

世界を動かす力を形成する
3つの教育特色

学修の第1の柱は「専門学修」。国際社会の多様性とグローバル化が進む現代社会の諸問題を理解し、理論と知識を駆使して課題解決に取り組む力や、国内外で活躍するためのビジネス力を実践的なゼミにおいて培います。第2の柱は「英語運用能力」。英語で学び、英語で考え伝える能力を修得。第3の柱「留学・海外体験」では、豊かな国際感覚と優れたコミュニケーション能力を高めるとともに、世界が抱える課題と向き合います。これら3つを関連づけて学修することで、世界を動かす力を修得します。

国際学部のポイント POINT

  1. POINT.1

    国際情勢を多角的に捉えるための、
    幅広い専門知識を身につける

    国際社会の多様性を尊重できる人間性を育みながら、グローバル化が進む現代社会の諸課題を、相互の関係性や国家間のルール(法)、国際政治などの基本知識から理解します。理論と知識を基盤に、解決に向けて自ら考え取り組む力、国内外で活躍するためのビジネス力を実践的ゼミで身につけます。

  2. POINT.2

    高い語学力を駆使した
    国際コミュニケーション能力を育む

    英語で考え英語で議論するグループワークや、リスニング力をアップする「読む、聞く、話す、書く」の4技能統合型教育を通して、実践的な英語運用能力を身につけます。さらに発展形として、法政治や経済・経営などの専門分野を英語で学び、英語で伝える高度な学修も行います。

  3. POINT.3

    専門学修と接続した
    留学・海外体験

    多様な国々への海外体験・留学を通して、豊かな国際感覚と優れたコミュニケーション能力を磨きます。多様性にふれることで自己のアイデンティティを確立し、帰国後の継続した学修により、国際課題の研究を深化するとともに、国際感覚・国際理解力を高めます。

  4. POINT.4

    グローバル社会に対応する
    総合力を身につけ、
    国際キャリアを実現する

    異なる価値観や文化的背景を持つ他者と協力しながら、社会の一員として活躍できる能力と、生涯にわたる就業力を育成します。1年次から卒業まで体系的に配置されたキャリア形成科目の履修や、進路に応じた資格取得を通して、国際的な活躍に必要なキャリア形成をめざします。

国際学部のコース COURSE

国際コミュニケーションコース

国際社会に対する深い理解と交流を通じて、
世界と日本をつなぐ
グローバル人材をめざす。

世界の多様な文化を理解・尊重しながら、世界の人々とともに国際社会の課題解決等に取り組む力を養うコースです。実践的な英語力と高いコミュニケーションスキルを養成し、さまざまなシーンで活躍できる国際感覚を持った人材を育てます。

将来の進路

国際交流・公共サービスモデル
  • 公務員
  • ⺠間団体職員(NPO・NGO)
観光ホスピタリティモデル
  • ホテル業
  • 観光業
  • 航空業
  • 旅行業
  • 運輸業
英語専門職モデル
  • 国際秘書
  • 通訳案内士
  • 翻訳業

グローバルキャリアコース

深い専門性と幅広い教養、
身につけたチームワークとリーダーシップで、
世界のビジネスシーンで活躍する。

国内外でのビジネスのグローバル展開や国際的な公共機関での活躍をめざせるコースです。経済学・経営学・ビジネス法学とともに、幅広い国際教養や異文化理解力を修得し、世界の人々と働く中でリーダーシップを発揮できる人材を育てます。

将来の進路

⺠間企業・国際業務マネジメントモデル
  • 外資系企業
  • 一般企業(国際業務担当者)
国際商取引モデル
  • 商社
  • 貿易業
国際協力モデル
  • 経済協力に関する政府系機関
  • 国際機関

めざせる資格 LICENSE

  • TOEIC®
  • 観光英語検定2級
  • 国内・総合旅行業務取扱管理者
  • 国内旅程管理主任者
  • 通関士
  • 貿易実務検定®(B級)
  • リテールマーケティング(販売士)検定
    2級・3級
  • ITパスポート
  • 秘書検定準1級・2級

主な就職先 CAREER

1年次から正課科目・課外講座で段階的・体系的にキャリアを形成し、
航空業界や、ホテル業界へ。

  • ANA ウイングス(株)
  • ANA 沖縄空港(株)
  • 中国国際航空(エアチャイナ)
  • Peach Aviation(株)
  • サンヨー航空サービス(株)
  • (株)エアサーブ
  • スイスホテル南海大阪(株)
  • (株)近鉄・都ホテルズ
  • アパホテル(株)
  • 日本郵政(株)
  • クラブツーリズム(株)
  • (株)エスエスケイ
  • ユニチカ(株)
  • リコージャパン(株)
  • 丸全昭和運輸(株)
  • 藤原運輸(株)
  • 穴吹興産(株)
  • 岡三証券(株)
  • (株)ジュピターテレコム
  • (株)ヨドバシカメラ
  • (株)ヤマハミュージックリテイリング
  • 名古屋大学大学院国際開発研究科
  • Aston University Msc Business and Manage
  • The University of Western Australia

国際学部の学生紹介 INTERVIEW

国際学部

専門性を高める授業の数々が、
客室乗務員という
夢の実現につながった。

国際コミュニケーションコース
国際学部

留学先で気づいた
旅行企画の醍醐味。
一生の思い出になる旅を
お客様に提供したい。

国際コミュニケーションコース
国際学部

経済学や英語の学修で
得た専門性を、
企業課題のソリューションに
活かしたい。

グローバルキャリアコース
国際学部

途上国の
教育支援の道を模索し、
幅広い学識を
身につけられる大学院へ。

グローバルキャリアコース

教員紹介 TEACHER

わたしたちが教える国際学。

国際公共政策

身近な視点から、
国際的な紛争の解決法を探り出す。

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションもマスターし、
より伝わる英語を。

国際マーケット

国際マーケットの動向を
理解・予測する力を養う。

学部長メッセージ MESSAGE

複雑化する国際課題に
向き合える幅広い専門性を。

国際学部⻑呉原 志賢

インターネット出願

KEIHOをもっと知る LEARN MORE

国際学部

専門性を高める授業の数々が、
客室乗務員という夢の実現につながった。

3年生になってから、大学のプログラムを利用してANAエアラインスクールの授業を受講しました。常に凛とした空気の中で自己分析や企業研究を深めることで、本当に多くの気づきを与えていただきました。また、プライベートでもエアラインの専門学校に入学。二つのスクールの相乗効果によって、どんな場面でも落ち着いて行動する力を養えたと思います。ディスカッションが中心の「Business Communication」は、7割近くが外国人留学生だったため、とてもハイレベルで実践的な英語運用能力を磨く機会に恵まれました。その他にも、複数の航空会社で役職を歴任された先生が教えてくださる「国際キャリア演習」など、専門性を高める授業の数々が客室乗務員という夢の実現につながったと感じています。

国際コミュニケーションコース

国際学部

留学先で気づいた旅行企画の醍醐味。
一生の思い出になる旅をお客様に提供したい。

1年生でカナダのトロント大学に1カ月間、2年生でニュージーランドのワイカト大学に4カ月間留学しました。多様な人種や文化、価値観が入り交じる環境に身を置くことで積極性が磨かれていき、実生活の中でリスニング力やコミュニケーション力を大きく伸ばすことができました。また、留学中に友人たちのために旅行を企画したのですが、その経験が本当に楽しかったのと、友人の喜ぶ顔がとても嬉しかったことから、旅行業界を志望するように。そこから「ホスピタリティ論」や「国際観光論」を履修し、日本と世界のインバウンド事情について知識を深めることができました。大学の資格講座で「国内旅程管理主任者資格」も取得できたので、大学で身につけた力を活かして、お客様に一生の思い出になるような旅を提供していきたいです。

国際コミュニケーションコース

国際学部

経済学や英語の学修で得た専門性を、
企業課題のソリューションに活かしたい。

3年生までは大学院進学をめざして、専門書を読みあさる毎日を過ごしていました。その過程で経済学の必要性を感じ、経済学関連の授業を履修。企業活動の背景にある事業戦略や経済動向を学ぶことで、企業や社会の仕組みに対する理解が深まったと思います。また、経済を学びはじめてから英語の資料を見る機会が増え、日本経済の現状や課題を英語で学修する「Japanese Economy」も履修しました。経済用語を英語で学修できただけでなく、英語のリスニング力が伸びたのも大きな成果でした。卒業後は、ICTソリューションを企業に提供しているリコージャパンへの就職が決まっているので、大学で得た知識や経験を活かして地域社会全体に貢献できるような営業マンをめざしていきたいと思います。

グローバルキャリアコース

国際学部

途上国の教育支援の道を模索し、
幅広い学識を身につけられる大学院へ。

途上国と先進国、合わせて5カ国を巡って直面した世界の現実と課題。特に、劣悪な教育環境の改善に取り組みたいと強く思い、国際開発学を研究するために大学院進学をめざすようになりました。必須となるハイレベルな英語運用能力は、自身の留学経験や国際問題について議論する「Current Affairs」などで飛躍的に伸ばせたと感じています。「国際人権法」では、制度や判例を学ぶことで問題解決型の思考力を鍛えられました。また、難民支援サークルの活動にも力を入れ、学食と連携して難民の方が普段食べている食事メニューを提供。売り上げの一部を難民支援協会に寄付することで、世界との確かなつながりを感じました。大学院では国連機関の公用語であるフランス語や中国語などの学修も進め、貪欲に学び続けていきたいです。

グローバルキャリアコース