ニュース

2011.05.05本学卒業生を主人公にしたドラマ「高校生レストラン」絶賛放送中!

 本学卒業生の三重県立相可高校・村林新吾教諭を主人公のモデルとしたドラマ「高校生レストラン」(日本テレビ系列)の放送が、5月7日(毎週土曜日・21時)よりスタートしました。

 村林教諭は、本学経済学部卒業後、調理師専門学校の教職を10年間勤められ、その後、三重県立相可高校の食物調理科発足と同時に教員として採用されました。持ち前の専門的技術と調理教育にかける情熱は社会的にも高い評価を受けており、2007年には文部科学大臣優秀教員表彰を授与。同校で顧問を務める調理クラブの生徒たちが運営する全国唯一の高校生レストラン「まごの店」(三重県多気町)は、行列の途絶えない人気店として、過去にもテレビ番組「情熱大陸」(TBS系列)などで紹介されるほか、著書「高校生レストラン、今日も満席」(伊勢新聞社)などに詳しく記されています。

 村林教諭の役柄は、人気アイドルグループTOKIOの松岡昌宏さんが、一流料亭の料理人から母校の新任臨時教師に転身した"村木新吾"として演じます。将来への夢や希望を持てない高校生が、ぶつかりあいながらも料理を通じて成長していく姿を、爽やかな感動と共に描くドラマです。ぜひご覧ください。